18アンタレスDCMDカスタムチューン遠投飛距離レビュー

先日、18アンタレスDCMDのDCブレーキユニットを16アンタレスDCHG用のDCブレーキユニットに交換を行い、実際に琵琶湖で投げてみた結果について、レビューを更新します。

セッティングは、以下の通りです。

ロッド→シマノディアルーナB86M

ライン→14ldフロロカーボン

シンカー→浜キャロロケット10号

ヘビキャロの具→3インチ~4インチで各種

 

結果をお伝えしますと、

確かに飛距離が伸びました!

 

ブレーキ設定が、Xモードでブレーキダイヤルは、MAXから3つ目もしくは4つ目が最適でした。

無風もしくは追い風であれば、4つ目が最強で、100M+α程度巻いたラインが無くなりそうになりました。

向かい風の場合は、ラインの浮きが大きいのでダイヤルの3つ目が良い感じです。

ダイヤルが3つ目であれば、DCMDのXBモードのダイヤルがMIN側の1~2より、まだ少し伸びている印象です。

DCMDのDCブレーキユニットのXBモードより、10%から20%は距離が伸びている印象です。

では、1万5800円を出して、ユニット交換する価値があるのかどうか?

という点ですが、

少し飛距離が伸びた程度で、釣果に大きな影響が出るかと言われると、全然そんなことないので…

物好きな人は、やってみる価値あり!?

という感じですね。

 

さんぶらに至っては、もう釣り中毒なので…

所有欲や自己満足のレベルということでよろしくです。

ではでは、外来魚減少中の琵琶湖のおかっぱりで、まだまだ頑張るさんぶらでした。

スポンサーリンク
adsense1




adsense1




スポンサーリンク
adsense1